2014年06月18日

お米の正しい保存方法

お米の正しい保存方法を知っている方は少ないと思います。

なんと、季節によって変わります。

お米は生鮮野菜などと同様で生きています。
そのお米を一年中美味しい状態で提供する為に、当農場では玄米を15度前後で低温保管し、鮮度と品質を保っています。

また、精米してからお客様の手に届くまでの時間を少しでも短くするために気を配っています。

お家のお米が粉をふいたようになっていませんか?
これはお米が酸化してしまった為です。
精米したお米の賞味期間は、季節によって変わります。
収穫される秋口から翌年の3月頃までは、お米そのものが新米で一番鮮度が良く、しかも気温が低いので、2ヶ月は保存できます。

春を迎えると、半年も経っていますので、お米の古米化が進み、気温も上がるので保存環境も悪くなります。なので4、5月の保存期間は1ヶ月が目安となります。

さらに季節が進み、気温が30度を超えると、お米はあっという間に劣化してしまいます。
冬場に10キロ買い、1ヶ月で食べ切っていた家庭なら、6月以降は5キロぐらいを目安にして、
買いすぎないように注意をしましょう。

また、お米を買うときは精米日を確かめ、精米後の期間が短いものを選ぶようにしましょう。

これが買うときのポイントです。
posted by はな at 10:43| Comment(0) | お米について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。